気持ちって大事


こんにちは!

美容室マリーチの統括マネージャー岡山です。


私が今日感じたことを話させて頂きます。

私は5年近く空手を習っていて、今日はその大会でした。

私は印西支部ですが、他の道場からもたくさん出場し、師範や応援の人たちもいて会場は人が大勢。

何度来ても圧倒され緊張する会場。

今回は私にとって3回目の大会出場でした。

種目は型、棒型、組手がありますが、膝の悪い私に組手は危険なので、今回もまた型と棒の部での試合。

結果は型の部で準優勝!!


ちなみに、息子は組手で3位でした。

大会1回目と2回目は予選敗退。

思い返せばその時は完全に気持ちで負けてました。

とりあえず試合に出ればいい。入賞は目指してない。予選通過できたらしたいけど、できなかったらそれはそれでしょうがない…。

仕事で練習参加できないことも多いしね。

と、言い訳や自分に対してちやほや甘やかしのオンパレード笑笑

なのに、いざ予選敗退すると落ち込み、若干やさぐれる(少しの間)。。。笑

どうしようもないですね!

そんなんで勝てるわけないでしょって!!

完全に気持ちで負けてました。自分に負けてしまってたんですね。

だって、後から空手を始めて、仕事の都合で練習時間も圧倒的に少ない旦那はその時、初心者の部だけど優勝してましたから!

『優勝したい!』って言って、私に『教えてくれ』って言ってきたり、夜な夜なうちの庭で練習したりして。

頑張ってました。

だから今回は、旦那を見返してやりたいという気持ちもあり、『せめて予選は通過したい』と思うようになり、練習にも熱が入りました。

だけど、最初は【予選通過】を目標にしてたのですが、当日には【勝ちたい】という気持ちに変化していました。

『自分ならできる、勝てる!』そう言い聞かせ、

試合の順番を待っている時も、緊張していましたが、いつもと違って【自分を期待する緊張感】でした。

そして、予選通過。第1目標達成!!

その後も『次も勝ちたい、いや勝てる!』という気持ちを持ち、トーナメントで勝ち進み決勝までたどり着きました。

決勝では破れてしまいましたが、それが私の今のレベルの限界だったのだと思います。

そこは今後技を磨くしかない!と思いました。

1回目2回目と今回とで、練習時間はさほど違わなかったのですが、この結果の違いは、完全に“気持ち”だったと思います。

気持ちを強く持ったことで練習にも身が入り、大会の緊張感にも負けない『自分ならできる!』というポジティブな気持ちで試合に臨むことができた。

それが今回の結果だったのだと思います。

そして、優勝するためにはさらに鍛錬を重ね技を磨かなければいけないという次の課題。目標。
私は美容師です。
いったい何を目指してるのかと思う話だったかもしれませんが、

今回の、この趣味で始めた空手の大会で思ったことは、何事にも取り組む時は“気持ち”が大事なんだということです。

どんな仕事でもそうだと思いますが、なんとなくとか、まあまあそこそこで良いやって思えばそれなりの結果にしかならないだろうし、

無理だとかできないとか思えば結果は出ないだろうし。

でも、絶対成功させたい!やってやる!って思えば、それで出た結果にもきっと後悔しないはず!!

もし後悔するようだったらきっと何かが足りなかったんだろうと。。。

そんな風に思いました。

美容師という仕事も同じですね。

お客様に喜んで頂きたい!ハッピーになって頂きたい!

その気持ちをこれからも持ち続けることで、お客様に提供できるサービスや技術のクオリティーもアップし、そうしてお客様にもっと喜んで頂けるようになればモチベーションも上がってさらに仕事が楽しくなるはず^ ^

やはり気持ちが大事!

そんな風に自分なりにまとめて、今日は終わりたいと思います。。。

ありがとうございました^ ^


« »