目からウロコセミナー in 中野サンプラザ


こんにちは!
骨格補正や女性像を意識した、人それぞれのパーソナルを考え、お客様に

[似合わせ]を提供しています!
マリーチの飯田です。

  

10月17日 中野サンプラザにて

美容書籍[MAYUMI CUT]の

山本 真由美氏のトークセミナーに参加して来ました!

今回は蘭くんと参加です。

   

山本 真由美氏は

[MISS ESSENCE]というお店のオーナーさんです。

    


凄いパワーって感じです(^○^)

パワーといっても、強い!という感じではなく…。

女性、美容師、オーナーとして

崇高強さを感じました。

  

年齢は、なんと57歳∑(゚Д゚)

(これは本人が公表しているのてok)

とても見えない…(ー ー;)

  

今回は、この方の美容の考え方。

カット、ファッションなどを通しての美容師の在り方などの、お話しを聞いて来ました。

  

まず、ヘアスタイルの根本は

カット!!

カラー・パーマは、あくまでもプラスアルファだと。

確かに、カットありきです。

かけたいパーマも、カットがあっていないと希望の形にはなりません。

カラーも、髪がバサバサしていたらキレイに見えません。

そう、カット在りきです。

  

真由美さんは

   ↑

(皆さんが下のなまえで呼ぶので)

ファッションが大大大好き!らしいです。

なので、しばしば美容をファッションに例えます。まぁ、ファッションも美容につながりますが(°▽°)

   

カット=パターン(服の型)

カラー=服の色

パーマ=生地の質

パターンがないと、服は作れないという事ですね。

   

[余白の美]

本来は無くてもいいもの。

服でいうと

ジャケット袖についているボタン。

シャツの襟についているフリル。

など…

無くてもいいが、あるとその物が際立ったり、センスが上がったり。

   

美容でいうと

接客=間・タイミング。

技術=カットはピッタリ切り過ぎない。これはまたファッションにもどすと…

  

服もあまり、ピッタリな服を着ると

ぴっちりし過ぎて、太って見える!

若干の余白があったほうがキレイに見える!の法則です。

この様に、独特な考えや言葉がたくさんありました。

  

特に

[アンチエイジング]

これは、最近良く聞きますね。

しかし!

この言葉を、絶対的に否定!!

  

[アンチ]ではなく…

  

[アクティブエイジング]だ!!と

  

年齢を重ねる事を、前向きに捉えよう!その歳、その歳で似合うスタイルがある!

…ただし、ケアはしっかりしてますよ(^^;

  

ね?

強いでしょ?(・Д・)ノ

もちろん、いい意味で(°▽°)

  

休憩を挟んで

髪書房の編集者の方と対談


  

ちなみに、美容師の女性で

カットの技術書を出すのは

真由美さんが初めてらしいです。

以外ですね(・Д・)

  

2時間以上の話しをずぅーっと聞いていましたが…。

美容師って凄い職業だ!と改めて感じました。

色々な可能性がある。

ただ、カットして、パーマしてカラーして…が美容師ではない。

その人の人生を変える、左右する事もある。勿論、いい方へ向けたいですがね(ー ー;)

   

もっと、自分自身でやる事も

お客様にもやってあげられる事が

まだまだあるな!

って感じました(`_´)ゞ

   

お客様へ、キレイになる事は

ステキな事!!をもっと伝えねば^_^


« »

マリーチ マリーチ美容室 サイトマップ リンク プライバシー