パーマの検証(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


パーマの検証という練習をします。

私とジーニョです。

今回は

ロッド巻く角度

パーマをかける距離

薬の付け方

薬のかかり具合

などなどを検証します。

ウィッグを2人で半々にかけます。

使う薬は同じ

ロッドもほぼ同じ

どちらが上手いとか、かからない

とかではなくあくまでも、練習を兼ねています。

私達が何気にパーマを営業中かけていますが、色々な知識や技術が重なって、パーマがかける事が出来ます。

あ、パーマ免許みたいなモノはないですよ(・・;)

パーマは

・デザインを見る!

どこからかかっているのか?

ゆるいのか?しっかりなのか?

顔まわりの強さは?

スタイリング剤は何か?

似合わせるにはどうか?

・髪質を見る!

太いか?細いか?硬いか?柔らかいか?

ダメージあるか?ないか?

パーマの履歴があるか?など

・手法を考える!

デジタルパーマか?

コールドパーマか?

クリープパーマ?

・薬を考える!

立体感があるか?強めのリッジか?

平面的なウェーブか?

ダメージを最小限に抑えてかかるか?

・ロッド、巻き方を考える!

このウェーブを出すには、何ミリか?

回転数は足りるか?

どの方向に巻くか?

角度は何度か?上げて巻くか?下げて巻くか?

置く時間を考える!

この時間でかかるか?かかり過ぎないか?

ダメージしないか?

あ、あとカットのバランス。

かかったら、少し上がるか?

削ぎ方はどうか?

軽くするか?重くするか?

などなどを考えます。

結構考えますよね(・・;)

これらをカットしながらも考えて、巻き始めます。

この思考が、ビシっ!!と噛み合うと

最高の求めたヘアスタイルが出来ます(^^)

パーマが強過ぎた、弱かった…

似合わない、老けただけ…

などの経験は多分、皆さんあるんじゃないですかね?(^^;)

自分の立てた予想とズレると、イメージより

強かったり、弱かったりします。

老けてしまうのは、巻き方ですかね。

ウェーブの位置や、動きで変わってきます。

簡単ではないですね。

で、今回はこんな感じになりました。

※あくまでも、キレイにかける、可愛くかけるという練習ではありませんσ(^_^;)

左右で少〜〜〜し、かかりが違います。

この少しが、ニュアンスだったり

なんかカワイイ、なんかオシャレにつながります。

パーマって奥が深い!

ひと昔前は、パーマ屋さんって言われてましたけどね〜(^^;)

久しぶりに、パーマかけてみようかなー?

なんて方は相談して下さいね(*゚▽゚*)


« »