[こだわり]をカタチに・超現場主義セミナー


こんにちは!

マリーチサーカス団長の飯田です。

今日は千葉にて[超現場主義セミナー]です。

お供は、お馴染みの2人。

ジーニョと蘭君

内容は

顔や骨格の把握、そして補正。

ヘアスタイルを作る上で大切なのは…

髪質が、かなり大事です。

しかし、髪質は物理的に変えられる。

クセのハネや、うねりには矯正を

まっすぐ、ペタンコにはパーマを

完全には変えられませんが、補う事は可能。

ただ、顔や骨格は変えられないのよね…。

※メイクで変わりますが、ここではあくまでも、ヘアという事で…。

講師の松浦さんは

[顔のパーツ]や[骨格]をカバーするカット

これを細かく考えています。

松浦さんのこだわりが見えました。

確かにお客様が1番気にするところかも。

1番気にするところは?

と、聞かれたら?

大半が顔まわりなんじゃないかな?(・Д・)

ここを、こだわって作るというのは

お客様のニーズにコミットしていると思います。

気にしている骨格や、顔のパーツなど

カットでカバー出来たら、嬉しいですよね(^^)

メイクも加われば、なおの事!


今日は皆んなでカットします!٩( ‘ω’ )و

まずはデモンストレーション。

ヨシオさんも、動画撮影。

いつもありがとうございますm(._.)m

細かくカットを説明して頂きました。

骨格補正のカット理論も細かいですが

前髪には、絶対に[スキバサミ]は使わない!

髪の馴染みが良い。

細かいカットです。

かなり細かい。

うん、細かい。

マリーチでも、スキバサミは

ほとんど使いません。

やはり、持ちやまとまりが違うと思います。

なので、慣れてはいます。

しかし!

松浦さん、相当細かい。

この細かさはこだわり

よく、インスタやブログなどに

「顔まわりの似合わせはお任せ!」って

ありますよね。

確かに、出来るかもしれないけど

大事なのは[何故、そう切るのか?]

これも、お客様に伝わらないといけないんじゃないかな。

なんか、似合った!(*゚▽゚*)

も、いいけど

「私に何で似合っているのか?」

これが伝えられるか、ですかねー。

参加している美容師さんの質問にも、しっかりとした答えを返します。

お客様も何で?って思う事もあるでしょう。

答えは曖昧じゃない方がいいですよね(^^)

ただ、知識のひけらかしはNG。

(気をつけよ(^^;))

私だったら、しっかり答えてくれたら

この美容師さん!信頼しちゃう((o(*゚▽゚*)o))♡


改めてカットすると、前髪は繊細な技術のオンパレードですわ。

更に考えて、カットしないといけないと思いました!(>_<)


[こだわり]と表現しましたが

自分が思ったのは…

[こだわり]とは

[強み]

もしくは

[売り]

かと…(・Д・)

こだわりって、相手に伝わらないと

ただの自己満足かと。

いいんですよ!(-_-)

趣味ならね!!

自己満でも!

だけど

こちとら、仕事ですからなっ!!∑(゚Д゚)

仕事って事は

お客様の為って事ですよね。

こだわりを、いい感じでお客様に伝えて行きたいと思います!

そんな事にも、改めて気付かされたセミナーでした(^^)


« »